きてます!リサイクルマット!

夏の定番。
いや、もはやこれは1年中人気です。
メキシコリサイクルマット。

image1 (5)

マットとしてはもちろん。
マルチカバーとして無限の使い道と、お手頃価格が嬉しい。

以前、大好評だったこちら。

image1 (3)

もちろん。マライカのリサイクルマットで。

image2 (4)

夏になる前に!
海に行く前に!
これは、マネするしかない。

メキシコリサイクルマット
¥1,600

リネンコットンでナチュラルライフ

昨日はバケツをひっくりかえしたような大雨でしたが、今日は太陽がまぶしくて春らしいお天気。
まぁ、季節の変わり目っていつもこんな感じでしたっけ。

カタログ掲載のリネンファブリックシリーズが入荷いたしました。

image1

ダイニングやベッドルームを素敵ナチュラルスタイルに替えてみませんか。

image2

リラックスする空間だからこそ、素材や肌触りにこだわりたいのです。

イカット様ご到着。

3月の新生活フェア。
新潟店はイカット人気でした。
7900円のベッドカバーもフェア対象でしたからねー。

んで、その後入荷したのがこちら。

image1 (5)

と、もう1枚。

image2 (5)

うんうん。
7900円のも素敵じゃん。
と、思いましたがやっぱり私はこれが1番好きー!!

image3 (2)

スンバ島のイカット布。
素敵だなぁ・・・。

イタワDEカーテン!

定番のイタワクロスにブロックプリントを施したカーテンとのれんが入荷いたしました。
柄はこんな感じ。

image3 (1)

花柄とペイズリーの無敵コンビ柄。

色展開もてんこもり。

image1 (9)

カーテン ¥1,980
のれん ¥1,500
カフェカーテン ¥500

image2 (7)

プリントを加えてこの安さ!

マライカで新生活のお部屋作りを。

海の似合う車に!~メキシコリサイクルマット~

車の内装を素敵に変えたい方必見です。
メキシコリサイクルマットを使ってシートカバーを作っちゃいましょう。

image1 (3)

じゃじゃん!
海の似合う車に!
と、いう事で。
お客様の作品でございます。
まー、ほんとに皆様マライカの商品をアレンジして素晴らしい作品を仕上げて下さる方ばかりで、嬉しい限りでございます。

ぴったり色が揃う様に、一枚を半分に切って使ったそうです。
横のラインもぴったり揃っている、クオリティーの高さ!!

image2 (3)

裁断面はどうしてこんなにキレイなの?

ね!私もそう思いました!

ボンドで生地を固め、乾いたらそのままカット、だそうです。
それなら私にもできそう!って思いました!!

image1 (5)

ざっくり編みのこのマットだからこそできた事。
生地を切らなくてもシートベルトが通せちゃうんだそうです!
編み目を広げてぐいっと!

image2 (4)

大事なポイントとしては、
「1回洗ってから使うこと!!」
だそうです。

マットとして、
マルチクロスとして、
何でも使えるメキシコリサイクルマット。
またひとつ、無限の可能性が広がりました。

メキシコリサイクルマット
¥1,600

この週末も雨かぁー

この3連休は万代グルメストリート!
日本全国のご当地グルメに
新潟のおいしいラーメン!
更に地元飲食店の自慢の看板メニューがずらり!!

でもー、雨ですね・・・
昨日も今日もぐずぐずのお天気。

そんな時はお部屋の模様替えでもして気分をリフレッシュ!!

と、いうことで
イタワクロス新色入荷しております。

image4-2

image3

image2-4

image1-2

どんなお部屋にもぴったんこのカラーバリエーション!
お気に入りの一枚を探しにいらしてください。

あぁ、食べ歩きに行きたい・・・

メキシコリサイクルマット!!

おなじみ、メキシコのリサイクルマットのnewカラー!
かわいいパステルカラーが入荷いたしました。

image4-3

もちろんお値段もそのまま¥1,600

マットにもソファーカバーにも何でも使える超人気商品です。

image5

なんかこう、キュン☆とくる色です。
お早めにどうぞ。

MORA モラ

モラimage1-1
モラとはクナ族の女性が身につけている民族衣装のブラウスのお腹と背中の部分についている飾り布のこと。

クナ族とは
[クナ・インディオ]はパナマの北部、サンブラス諸島に住む先住民族、主にボートで漁をし、自然や精霊を崇拝し暮らしています。約120年前までは服を着ないで、体にペインティングをして暮らしていました、欧米から服を着る文化が入ってきた為、徐々に服を着るようになりました。現在のモラの鮮やかな色、模様はその時のボディペインティングの名残とも言われています。模様はそれぞれ魔除けやお守りとしての意味合いの他、現在ではオシャレ感覚で描いている人も多い。

image3-3
布を使い自分だけのオリジナルのお洋服や小物を作るのもひとつ、タペストリーとしてお部屋のインテリアにも。

image4

レザーと組み合わせたバッグもオススメ!

 

Bhutan fabric

斬新に、大胆に、
伝統を知ってこそ為せる技。
image1
素敵な浴衣美女。
ここでは赤い帯に注目。
image2 (1)
実は、この赤い帯はブータン布。
先日お買い上げいただいた商品をお客様が浴衣の帯にして御来店して下さいました。
Excellent!!

色合いのバランスも素晴らしく、帯に合わせた赤いペディキュアも女性らしさアップでとても素敵でした!

布の使い方の無限の可能性をまた1つ学ぶことができました。
ありがとうございます(^^)

新潟店には素敵なブータン布がございます。
少しだけ、ご紹介。
image1 (2)
image2《ブータン布》
ブータンの織り布は女性が染色、織りの作業を行い、男性が縫製作業を行います。
連続した幾何学模様や縞、格子模様が特徴的です。
植物や動物を図案化したものや卍模様、稲妻模様、八角の星と蝶など様々な模様が織り出されています。